七草粥は手軽に食べられる!一人暮らしのお正月にもおすすめ

ごちそうが並ぶお正月。いつもなら躊躇してしまう贅沢な料理にも、ついつい手が伸びてしまいます。一方、お正月には七草粥(ななくさがゆ)といかいう、地味な食べ物もあります。一言でいうと、葉っぱが入ったお粥ですね。

年々食べる人が減っているという七草粥。基本的な知識と手軽に食べる方法を知って、一緒に絶滅危惧種の七草粥を救いませんか!?

七草粥とは?お正月に食べる意味

「 七 草 粥 は ま ず い 」

いろいろな方面から、そんな言葉が聞こえてきます。おいしい食べ物がたくさんあるお正月に、なぜ葉っぱのお粥なんか食べなければいけないのか……私も子どもの頃、不思議でたまりませんでした。

無病息災を願う

お正月に七草粥を食べるのは、1年の無病息災を願うためです。

起源は古代中国。中国では人日(じんじつ)と呼ばれる1月7日、7種類の野菜が入った汁物(七種菜羹)を食べ、無病息災を祈る習慣1がありました。

その習慣はやがて日本へ伝わり、平安時代には宮中行事として、七草粥が食べられるようになります。江戸時代には幕府が五節句(下記)を定めたことにより、七草粥は一般にも定着しました。

【江戸幕府が定めた五節句】

  • 1月7日 人日の節句(七草の節句)
  • 3月3日 上巳の節句(桃の節句)
  • 5月5日 端午の節句(菖蒲の節句)
  • 7月7日 七夕
  • 9月9日 重陽の節句(菊の節句)

健康に良い

これだけでは、ただのゲン担ぎの一つで終わってしまいますね。実利的な理由ももちろんあるのです。

七草粥には胃腸を休める働きがあります。お正月、ごちそう続きで疲れてしまった胃腸を、七草粥は優しく包み込んでくれるわけです。具体的には消化促進作用・造血作用・利尿作用といった効果があるので、ぜひお正月に七草粥を食べておきたいものですね。ねっ。

春の七草とは?

春の七草

七草粥に入れる若菜は、時代2・地域によって異なりますが、一般的には下記7種類です。

7種類の若菜

子どもの頃、「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ七草」と覚えましたよね?

  1. せり(芹):鉄分・ビタミンCが豊富
  2. なずな(薺):ペンペン草とも。貧血・止血効果など
  3. ごぎょう(御形):風邪予防・解熱効果など
  4. はこべら(繁縷):利尿作用・歯槽膿漏の予防
  5. ほとけのざ(仏座):鎮痛作用
  6. すずな(菘):カブのこと。胃もたれの改善
  7. すずしろ(蘿蔔):大根のこと。消化促進・殺菌作用など

秋の七草との違い

満月とすすき

さて、春の七草と聞いて、秋の七草の存在を思い出した方も多いのではないでしょうか。

秋の七草は、

  1. はぎ(萩)
  2. おばな(尾花):すすきのこと
  3. くず(葛)
  4. なでしこ(撫子)
  5. おみなえし(女郎花)
  6. ふじばかま(藤袴)
  7. ききょう(桔梗)3

をいいます。

春の七草と秋の七草の最大の違いは、食べるか食べないかです。大切なことなので、もう一度言いますよ? 春の七草は食用、秋の七草は鑑賞用。秋の七草をおいしく食べちゃう人は、基本的にはいないはずです。

とはいえ、秋の七草にも薬用効果があります。そこで健康・長寿への祈りを込めて、お月見の際にお供えする風習があります。

七草粥の食べ方

湯気のたつ七草粥

再び、春の七草に話を戻します。

いつ食べる?

一般的に七草粥を食べるのは、1月7日の朝です。1月7日の夜に食べる家庭もあるので、時間帯は気にしなくても大丈夫でしょう。

七草囃子

参考までに、昔のなわらしをご紹介しておきましょう。七草は前日の昼のうちに摘み、その日の夜から7日の朝かけて刻んでおくものでした。

まな板の上でとんとんと刻む4のですが、このとき、できるだけ大きな音を立てるのがならわしです。さらに七草を刻む際、七草囃子(ななくさばやし)5を唱えるしきたりもあります。

簡単に七草粥を食べる方法

七草粥のレシピはネットで調べればいくつも出てきますので、手作り派の方はそちらを参考にしていただくとして……面倒くさがりの方は、そんな手間もかけたくないのでは!?

今やインスタントの七草粥なるものや、出来合いの七草粥が売られている時代です。

えん食べ「1月7日限定!「瀬戸内産真鯛の七草粥」スープストックトーキョーに–春の七草入り」

これらの商品を賢く利用して、胃腸と体を休めましょう……なんてね。

おわりに

七草粥の基礎知識について、簡単にご紹介しました。巷では「まずい」と酷評されることもありますが、アレンジ次第でいくらでもおいしくなります。そもそも、おいしさを求めて食べるものではないんですけどね。

お正月にはぜひ、七草粥を食べみてください。ご自身の健康について考える、良い機会になるかもしれません。

脚注

  1. 官吏(かんり)の昇進決定が1月7日であり、その朝に若菜を食べて立身出世を願ったのが始まりとされる。
  2. 稲・麦・豆・粟(あわ)・黍(きび)・小豆・小麦という時代も。
  3. 山上憶良の歌「萩が花尾花葛花撫子の花女郎花また藤袴朝顔の花」に出てくる朝顔は、ききょうとする説がある。
  4. 神棚の前にまな板を置き、作業を行う。他、火箸・すりこぎ・しゃもじ・おろし金等の道具もそろえる。
  5. 「七草なずな唐土の鳥が日本の土地に渡らぬ先に、あわせてぱったぱた…」など。地方によって異なる。
犬福チワワ

犬福チワワ

チワワとお笑いを愛するWebライター。鎌倉で気ままな一人暮らしを満喫中。得意ジャンルは日本文化・日本史・寺社仏閣・会計・税務など。 Twitterからもお仕事承ります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする