好みのお雑煮を探そう&作ろう!一人暮らしのお正月だもの

お雑煮

お雑煮はお好きですか? ちなみに筆者の実家のお雑煮は、さほどおいしくありません。「雑煮=わざわざ食べるほどのものでもない」という認識をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

だったら、おいしいお雑煮を作ればいいのです! 世の中にはさまざまなお雑煮があります。せっかく一人暮らしのお正月を過ごすなら、お雑煮も自由に楽しんでみませんか?

お雑煮とは

まずは、お雑煮の基本知識をおさらいしましょう。お雑煮とは、お餅と具材(野菜・肉類・魚介類など)の入った汁物のことです。

お正月にお雑煮を食べる意味

お正月にお雑煮を食べる理由は、ずばり年神様のパワーをいただくため。お雑煮は、年神様へお供えしたお餅や野菜などを煮込んで食べたのが始まりとされています。年神様へのお供え物には霊力が宿ると考えられているので、下ろしていただくことに意味があるのですね。

一人暮らしのお正月|鏡開きの基礎知識を知ってご利益ゲット

地域によって違うお雑煮

お雑煮は、地域や家庭によって大きく異なるため、ざっくりと関西と関東に分けて(境界は富山県から三重県あたりとも)説明します。

関西のお雑煮

関西のお雑煮は白みそ仕立て、昆布だしで濃い目の味をしています。煮た丸餅1を用いるのが一般的で、具材には頭芋・大根・人参などを入れます。

関東のお雑煮

関東のお雑煮はしょうゆのすまし汁仕立て、かつおだしであっさりめの味をしています。焼いた四角い切り餅(のし餅・角餅)2を用いるのが一般的で,具材には鶏肉・小松菜・三つ葉・椎茸(しいたけ)などを入れます。

繰り返すようですが、これらはあくまでも目安。どんなお雑煮を食べて育ったか、周りの人に聞いてみると楽しいかもしれません。

その他地域の特徴的なお雑煮

  • 北海道:鮭や筋子の入った雑煮
  • 宮城県:ハゼが一尾ごと入ったお雑煮
  • 出雲地方:ぜんざい風のお雑煮
  • 沖縄県:お雑煮を食べる習慣はない

一人暮らしでもお雑煮を食べよう

ちょっとだけ、お雑煮が食べたくなってきたという方がいれば幸いです!  おいしいお雑煮を食べましょう。でも……面倒くさいのは嫌ですよね。

お雑煮の簡単な作り方

一人暮らしで面倒くさがりの方でも、超簡単に作れるお雑煮の作り方をご紹介しましょう。お餅をお好みの汁物(お吸い物など)の中に入れ、電子レンジで1~3分加熱するだけです。

洋風のスープに入れても問題なし。いつものお気に入りのスープに入れれば、まずおいしいですよね。お正月以外の時期でも食べられます。

 

↓↓材料を集めるのすら面倒くさい方は、セットになっている商品がおすすめです。↓↓



 

↓↓お湯を注ぐだけで作れる、インスタントお雑煮もあります。↓↓


 

↓↓色んな地域のお雑煮を、食べ比べてみるのもおすすめです。一人暮らしだもの。↓↓


お雑煮の食べられるお店

他にも、外食という方法もあります。お雑煮は家庭で作るものと思いがちですが、意外とお雑煮を出しているお店も多くありますよ。お住まいの近くにお店はないか、気になる方は調べてみてくださいね。

おわりに

かつて実家で食べたお雑煮が、全国共通のお雑煮と思い込んでいた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、お雑煮は年神様へお供えした物をいただくのが重要であって、味付けは自由に楽しんで構わないのです。

せっかく一人暮らしのお正月を過ごすのであれば、「これぞ!」と思えるようなお雑煮を追求してみてはいかがでしょうか。

 

 

脚注

  1. 鏡餅をかたどっているという説がある。
  2. 武士の携帯食に由来するという説がある。
犬福チワワ

犬福チワワ

チワワとお笑いを愛するWebライター。鎌倉で気ままな一人暮らしを満喫中。得意ジャンルは日本文化・日本史・寺社仏閣・会計・税務など。 Twitterからもお仕事承ります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする