一人暮らしのお正月でも手軽に食べられる年越しそば

年越しそば

一人暮らしだと、まったくしない人も多い「お正月の準備」。ですが、少しは年末&お正月感を味わいたいと思いませんか? とはいえ、面倒な準備はしたくないですよね? 手軽に食べられる年越しそばなら、そんなワガママな悩みを解決してくれます。

こちらの記事では、年越しそばを食べる理由・歴史・食べるルール(日時・食べ方)についてわかりやすくご紹介していきます。年越しそばのご利益などを押さえ、大晦日にはぜひ年越しそばを召し上がってください。

年越しそばを食べる理由

なぜ大晦日に年越しそばを食べるのでしょう。一つくらい頭に浮かぶものはあるかもしれませんが、他にもたくさんの説があることをご存じでしょうか?

細く長く生きるため

最も有名な説は、細長く伸びるそばにあやかり、長寿を願って食べるというものです。こちらの説は、一度くらい聞いたことがあるかと思います。

悪運・厄災を断ち切るため

他にも、1年の悪運や厄災を断ち切るためという説もあります。そばは他の麺類よりも切れやすいので、1年間の苦労や嫌なことを忘れられると考えられたのです。

金運アップのため

また、金運アップを願って食べるという説もあります。かつての金銀細工職人は、そば粉を練って丸めた団子を使い、飛び散った金粉・銀粉を集めていたといいます。ここから「そばを食べると金が集まる」という言い伝えが生まれ、新年の金運を願い、年越しそばを食べるようになったそうです。

年越しそばではなく、うどんではダメなのか? と考える人もいるようですが、上記の説を踏まえると、やはりそばが良いみたいですね。

他にも諸説あり

他にも下記のような説がありますが(ありすぎですよね)、定説とされるものはありません。

  • 手打ちそばの「手打ち」が、相手を討つにつながるという説
  • 健康に良いそばを食べ、体内を清浄にして新年を迎えようという説
  • 鎌倉時代、博多・承天寺で年末を越せない町人たちにそば餅をふるまったところ、翌年から町人たちに運が向いてきたことにあやかったという説
  • 室町時代、関東三長者の一人が無病息災を祈り、大晦日に蕎麦がきを食べたという説
  • そばは少しくらい雨風にさらされても、翌朝には立ち直ることから、捲土重来(けんどちょうらい)1を願って食べるという説

年越しそばの歴史

年越しそばは、いつ頃から食べられるようになったのでしょう。年越しそばというネーミングが定着した時代や、全国的な行事食になった時期など、実は知らないことだらけではありませんか?

江戸時代の商家が発祥

大晦日に年越しそばを食べる習慣は、江戸時代中期、町人たちの間で生まれたといいます。もともと商家では、忙しい月末になると三十日蕎麦(みそかそば)を食べる風習がありました。大晦日に食べる年越しそばは、その名残と考えられています。

「年越しそば」は明治時代から

「年越しそば」と呼ばれるようになったのは、明治時代のこと。それ以前は「晦日(みそか)そば」「年取りそば」2などと呼ばれていたそうです。現在でも「縁切りそば」「寿命そば」「福そば」など、地方によってさまざまな呼び方があります。

全国的になったのは高度経済成長期から

全国の家庭で年越しそばが食べられるようになった3のは、高度経済成長期以降といわれています。少し意外な気がしませんか? テレビやスーパーが普及したことにより、全国に広まったのだとか。

年越しそばを食べる日・時間

”年越し”そばというだけあって、大晦日に食べるのが一般的4ですね。では食べる時間帯は? というと、決まりはありません。大晦日の夕食としてもよし、夜食として年越しの直前に食べても問題ありません。

年越しそばの食べ方

年越しそばといえば、温かいかけそばというイメージはありませんか? 確かに季節柄、温かいそばを食べたくなります……が、こちらも決まりはありません。年越しそばは冷たかろうが、つけそばだろうが構わないのです。具材についても決まりはありません。好きな具をトッピングしてください。


 

おわりに

年越しそばに関する基礎的な知識をご紹介しました。一人暮らしですと、なかなか料理をしないという方も多いかもしれません。

しかし、緑のたぬきやどん兵衛といったカップ麺に、刻みネギや海老天(スーパーのお惣菜コーナーに打っています)をプラスすれば、手軽に年越しそばを味わうことができます。器を変えてみると、さらにお正月感がアップしますよ!

脚注

  1. 一度負けても、再び勢いを取り戻すこと
  2. 昔は年齢の数え方が「数え年」だったため、正月を迎えるとみんな歳をとったことから。
  3. 麦飯と鰯(いわし)など、そば以外のものを食べる地域も多い。
  4. 元日に食べる地域もある
犬福チワワ

犬福チワワ

チワワとお笑いを愛するWebライター。鎌倉で気ままな一人暮らしを満喫中。得意ジャンルは日本文化・日本史・寺社仏閣・会計・税務など。 Twitterからもお仕事承ります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする