一人暮らしのお正月にも簡単に取り入れられる正月飾りの基礎知識

しめ縄飾り

近年は、おしゃれな正月飾りが増えています。インテリアとして取り入れてみたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。とはいえ、ただのおしゃれインテリアで終わってしまっては悲しいので、正月飾りの基礎知識について学んでいきましょう。

正月飾りとは

正月飾りとは、お正月を祝って飾るもの。代表的なものといえば、門松しめ縄飾り鏡餅です。下記では門松・しめ縄飾り・鏡餅の基本的知識について、わかりやすく紹介していきます。

門松について

門松

門松とは、玄関の前や門前に左右一対1立てる松飾です。

門松を立てる意味

年神様が空から降りてくる2際の目印として立てます。門松に使う松を採りに行くことは「松迎え」「門松取り」など呼ばれ、昔は非常に重要な仕事とされていました。

なぜ松なの?

年神様が降りてくる際の目印として、松を用いるようになったのは平安時代3のこと。松には神霊が宿る4と考えられていたため、目印に使われるようになりました。

一方、門松にはの存在感も欠かせませんね。竹はまっすぐに節を伸ばすため、長寿の縁起物として添えられています。



しめ縄飾りについて

しめ縄飾り

しめ縄飾り(しめ飾り)とは、しめ縄に縁起物(ウラジロ・ユズリハ・橙・紙垂など)をあしらった飾りです。お正月に、玄関口や神棚に飾ります。

よく神社などに張られている「しめ縄(注連縄)」は、神聖な場所であることを示すためのものです。それと同様、かつてはお正月になると、家の中にしめ縄が張られていました。しめ縄はやがて簡略化されていき、しめ縄飾りになったとされます。

しめ縄飾りには、災いが家の中に入ってこないように、との願いも込められていますよ。


鏡餅について

鏡餅

鏡餅とは、平らで丸い大小のお餅を重ねたものです。詳しくは、下記のページをご覧ください。

一人暮らしの部屋も手軽にお正月感アップ!鏡餅の基本知識などを紹介

正月飾りを飾る期間

正月飾りを飾っておく期間は決まっています。お正月ギリギリになってから飾ったり、いつまでも飾ったままにしておくのはおすすめしません。

いつから

お正月の準備(=正月事始め)は、12月13日から始めるという習わしがあります。現在は、それでは早すぎるということで、28日頃に飾る家が多いようです。正月飾りに限ったことではなく、お正月の準備は遅くとも12月28日までに終わらせておくのが良いとされています。

28日までに終わらなかった場合、苦を連想させる29日は避け、30日に行いましょう。大晦日に行う飾り物やお供え物の準備も「一夜飾り」と呼ばれ、忌まれます。お正月の準備は早めに済ませるようにしましょうね。

いつまで

正月飾りを飾っておくのは、「松の内」と呼ばれる期間です。下げる日は1月7日が一般的とされますが、地域や家庭によっても異なります。

  • 北海道:1月7日
  • 東北:調査中
  • 関東:1月7日
  • 関西:1月15日
  • 九州:調査中

心配であれば、古くからその地域にお住まいの方などに聞いてみてはいかがでしょうか。


正月飾りの処分方法

片づけた正月飾りは、処分するのが一般的です(インテリア性の高いものは除く)。とはいっても、どのように処分したらよいのでしょう。ゴミ箱に捨てるのは、罰当たりな気がしますよね。

左義長・どんど焼き

どんと焼き

一番良いのは、左義長(どんど焼き)5で焼いてもらうことです。左義長とは、簡単に言うと火祭りのことで、1月15日頃(小正月)に神社などで行われます。左義長の火で餅や団子を焼いて食べれば、無病息災で過ごせるなどといわれていますよ。

自宅での捨て方

期日までに正月飾りを神社に持ち込めない、という方も安心してください。正月飾りは、自宅で簡単に処分できます。一般的には塩をかけて清め、紙などでくるみます。あとはお住いの地域の分別にしたがって、処分しましょう。できるだけ、他のゴミとは別の袋で出してくださいね。

おわりに

正月飾りを家の内外に飾るだけで、お正月の気分が一気に高まります。一人暮らしでも簡単に用意ができる正月飾り、ぜひ今年はお気に入りのものを探してみてください。デザイン性の高い商品も多ので、選ぶのも一つの楽しみになりそうですね。

時間にゆとりがある方などは、手作りの正月飾りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

脚注

  1. 玄関に向かって左は雄松(おまつ)、右は雌松(めまつ)と呼ぶ。このように飾り始めたのは、江戸時代頃から。
  2. 地域によっては、松迎えを山から年神様を迎える行事としているところもある。
  3. それ以前は杉・椎・榊なども用いられていた。
  4. 松迎えも「神を待つ木」に由来するという説あり。
  5. 地方によっては「さいと焼き」「ほっけんぎょう」「三九郎焼(さんくろうやき)」「ほちょじ」などと呼ばれる。
犬福チワワ

犬福チワワ

チワワとお笑いを愛するWebライター。鎌倉で気ままな一人暮らしを満喫中。得意ジャンルは日本文化・日本史・寺社仏閣・会計・税務など。 Twitterからもお仕事承ります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする