一人暮らしのお正月はおせち料理を自由に楽しもう!

おせち料理

一人暮らしなのに、わざわざおせち料理を用意するなんて面倒くさい! と思っている方も多いはず。逆に一人暮らしだからこそ、おせち料理を自由に楽しめるとも考えられます。おせち料理の基礎知識から、一人暮らしにおすすめのおせち料理の楽しみ方をご紹介します。

お正月におせち料理を食べる意味

おせち料理は年神様へのお供え物1であり、その後は家族でいただく縁起物。その一つ一つには、幸せを願う意味が込められています。

代表的なおせち料理

  • 黒豆:邪気を払う・まめまめしく暮らせるように・黒く日焼けするまで健康でいられるようになど
  • 数の子:卵の数が多いニシンにあやかり、子宝・子孫繁栄を願う
  • 田作り(ごまめ):昔は鰯の子魚を田畑の肥料にしたことから、豊作を願う
  • たたきごぼう:地中に深く根を張るごぼうにあやかり、堅実な1年を送れるように。家督が堅固であるように。「開きごぼう」といい、運が開けるなど
  • 昆布:「よろこんぶ」から正月飾りにも使われる、祝いの場に欠かせない食材

おせち料理の歴史・語源

おせち料理といえば、お正月の御馳走と思っている方がほとんどではないでしょうか。意外にも、かつてはお正月以外にも食べられていました。

お節とは御節供(おせちく)の略で、もともと季節の変わり目(=節句/節供)に神様にお供えする食べ物を意味していたのです。節句は年に何回かある2ので、おせち料理は決してお正月だけの食べ物ではありませんでした。

やがて、最も重要な節句=お正月に食べるものが、特に「おせち料理」と呼ばれるようになります。

おせち料理はいつから作る?食べる?

おせち料理は大晦日までに作っておき、三が日3に食べるのが一般的です。年神様に静かにくつろいでいただくため、三が日は料理をしないとう習わしもあるほど。

一人暮らしなら、好きな品だけ用意して、ワンプレートにまとめるのもいいですね。100円おせちの販売開始も話題になりました。通販で、豪華な1人前のおせちを頼むのもおすすめです。一人暮らしだからこそ、おせち料理も自由に楽しみましょう。

 

祝箸で食べる

祝箸

おせち料理の準備をするなら、あわせて祝箸も用意しましょう。

祝箸とは、神が宿るとされる柳で作られた箸のこと。両端が細くなっているのが特徴的ですが、これは片方を神様が使うためです。すなわち「神様と一緒に食事をする」という意味が込められたお箸なのです。

祝箸は食べ終わったら洗い、三が日の間使用します。

おわりに

一人暮らしのお正月に、多くのおせち料理は必要ないでしょう。好きな品だけ作ったり、買って来たりして自由に楽しんでみてください。何をしようと、誰にも文句は言われません! あなた仕様のおせち料理で、1年の始まりを迎えてみませんか?

脚注

  1. 重箱に隙間なく詰めるのは、神様へ捧げるため。
  2. 元日・人日の節句・上巳の節句・端午の節句・七夕の節句・重陽の節句の6回
  3. かつては松の内の間、食べていた。
犬福チワワ

犬福チワワ

チワワとお笑いを愛するWebライター。鎌倉で気ままな一人暮らしを満喫中。得意ジャンルは日本文化・日本史・寺社仏閣・会計・税務など。 Twitterからもお仕事承ります。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする