一人暮らしのお正月!玄関だけは大掃除しておきたい理由とは?

お正月の準備といえば、正月飾りやおせち料理の準備などをイメージするかもしれません。しかし、まずやるべきは大掃除です。本格的なお正月の準備はそのあと。「一人暮らしだから大掃除なんていいや」という方も、玄関だけはお掃除しましょう! 理由は後ほど。

年末に大掃除をする理由

なぜ年末の忙しい時期に、わざわざ日本人は大掃除をするのでしょうか。 「家中をきれいにすることで、清々しい気持ちで新年を迎えるため」と思った方もいらっしゃるでしょう。 ですが本来、年末の大掃除は宗教的な行事だったことをご存じでしょうか。

正月事始めは「すす払い」から

その昔、12月13日は正月事始めの日とされていました。正月事始め1とは、お正月の準備を始めることです。名前の通りですね。12月13日は、婚礼を除いてすべて吉とされている日2お正月の準備に取り掛かるのには持って来いの日というわけです。

正月事始めの一環として、最初に3行われていたのがすす払いです。いわゆる家の大掃除のことで、神棚や仏壇などを清める行事でした。このすす払いが、今の私たちの年末の大掃除につながってきます。

すす払いの目的は年神様のおもてなし

すす払いの目的は、新年に年神様を迎える場所を整えるためでした。家をきれいにしておくと、年神様が利益をもたらしてくれると考えられていたのです。単純に掃除をしてスッキリするというよりも、信仰の一種として始まった行事でした。

すす払いの由来と歴史

囲炉裏(いろり)

 

では、なぜ「すす払い」と呼ぶのかというと、昔の家には囲炉裏(いろり)があったからです。囲炉裏とは炭や薪(たきぎ)を燃やして、暖房や煮炊きに使う設備のこと。時代劇などで、一度くらいは目にしたことがあるのではないでしょうか。

囲炉裏を使うと、煤(すす)が発生します。煙にまざって飛ぶ黒い粉のことですね。放っておくと、煤で家じゅうが真っ黒になってしまいます。そこで掃除の際に、1年の煤を払った4ので「すす払い」と呼ぶようになりました。

 

 

江戸時代、幕府は12月13日を江戸城御煤納めの日と定めていたので、奥女中たちもこの日、城内や神棚の大掃除をしていました。その習慣が庶民にも広がり、12月13日はすす払いの日となったのです。

すす払いを終えた商家では主人を胴上げし、祝宴まで催していたそうです。 なんだか、ほほえましいですね。 私たちも、これくらい年末の大掃除を楽しんで良いのではないでしょうか?

現在は12月13日に大掃除をするのは少し早いということで、神棚・仏壇以外の清掃は年の瀬が押し迫った頃に行う家庭が多くなっています。

せめて玄関だけは大掃除しよう

年末の大掃除は単なる掃除ではないことを、ご理解いただけたでしょうか。 とはいっても、大掃除なんて面倒くさいという方もいらっしゃるのでは? 

休日に無理をしてやるくらいだったら、家事代行サービスを利用したほうが良いかもしれません……が、それでは季節感もへったくれもなくなります。

年神様をお迎えする玄関

 

そこでおすすめなのが、玄関だけの大掃除です(他はプロ任せでOK)。繰り返すようですが、大掃除は年神様に気持ちよく過ごしていただくために行います。年神様がいらっしゃるのは玄関と考えられていますので、玄関だけでもご自身で掃除してみてはいかがでしょうか。

【玄関掃除のポイント】

  • たたきの上と下駄箱の整理
  • 壁・天井のホコリを払う
  • たたきを拭く
  • ドアの取っ手・インターホン・表札などを拭く

大掃除はいつやる?

年末の大掃除は、休日に一気に片づける人もいれば、すす払いを意識して、12月13日から少しずつ着手する人もいます。大掃除はもちろん自分のペースで行うのが一番ですが、 ”やってはいけない日”も存在するので念のため紹介しておきます。

 

  • 12月29日:9が付く末日→苦待つに通じるため
  • 12月31日:慌ててするのは年神様に失礼
  • 1月1日:元日から掃除をすると、年神様を追い出してしまうため

 

同様の理由で、お正月飾りの飾りつけもダメです。気にされる方は、上記の日は避けてくださいね。

終わりに

年末の大掃除はかつて「すす払い」と呼ばれ、年神様のおもてなしには欠かせない行事でした。現在では宗教的行事という意味合いは薄くなっていますが、年神様を意識すれば、面倒くさい大掃除にも心して取り掛かれるかも!? と思い、ご紹介した次第です。

12月29日・31日および1月1日は大掃除をしてはいけないという言い伝えがありますが、気にしない方は、スケジュールが空いている日に済ませましょう。今年1年良かった方も悪かった方も、大掃除をして心機一転、良い年を迎えましょうね!

脚注

  1. お正月の準備は、一家の主(男性)がすべて行うとされていました。神様は女性なので、女性がお正月の準備をすると嫌がるのだとか。
  2. 宣明暦(せんみょうれき)という、平安~江戸時代前期頃まで使われていた暦による。鬼の日とも。
  3. すす払いが終わったら、正月飾りやおせち料理などの準備を始める。
  4. 煤梵天(すすぼんてん)という、竹の先に藁を括りつけた道具で払う習慣があった。
犬福チワワ

犬福チワワ

チワワとお笑いを愛するWebライター。鎌倉で気ままな一人暮らしを満喫中。得意ジャンルは日本文化・日本史・寺社仏閣・会計・税務など。 Twitterからもお仕事承ります。

シェアする

2件のフィードバック

    • コメントをいただきまして、ありがとうございます!
      早いですね~もう年末ですよ!
      いろいろ準備して、素敵な年を迎えたいですね(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする